中国のbot業者によるAppStoreのランキング操作について:「ランキングは買えますよ!」





A0782 000805
先日のパクリアプリ騒動の際にbot業者によるランキング操作のことが話題になりました。
その中国のbot業者についてZDNetに記事が載っているというたれ込みを頂きました。

China bot operators target Apple’s App Store rankings | ZDNet
Increasing competition among bot operators touting the ability to “promote” an app up Apple’s free download list results in Apple “locking down” the chart last Friday.


興味深い記事でしたので自分なりに翻訳してみました。

[do_widget “スマホとPCを分けて表示”]

中国のbot業者によるAppStoreのランキング操作について

アップルのAppStoreは中国のbot業者による無料アプリランキングの不正操作のターゲットになってるようだ。

NetEase」の月曜の記事によると先週金曜日AppStoreの無料アプリランキングのトップ50に激変がおこり危機的状態になったという。
ゲームロフト、ディズニーそしてジンガなどのアプリがランキングを急浮上し、その結果一時的にランキングの変動が停止され機能しない状態になったと同誌は伝えている。

匿名の内通者によると、国内bot業者間の価格引き下げ競争が1ヶ月以上前から続いており、その競争が金曜日のアップルによるランキング介入という結果を引き起こしたという。

中国でのAppStoreの不正操作は決して新しいことではなく以前から存在し続けている。
ランキングの不正操作を防ぐためにアップルがランキング算出のアルゴリズムを何度も調節しているにもかかわらずにだ…

順位は選べる
bot業者によってランキング操作されたアプリにはある特徴が見て取れるとNetEaseは明らかにしている。
Appfiguresの統計によれば、これらのアプリは普段はランキングの300位や400位にいるという、しかし午後4時になったとたんにランキングを駆け上がり、1時間以内にはトップランキングに食い込んでいるという。

これらのアプリはわずか2〜3日しかトップランキングを保てない、さほど有名ではない他のアプリに抜かされるからだ。数多くのbot業者同士のランキング操作競争の結果この様なことになっている。

NetEaseはいち開発者を装って、中国のbot業者とコンタクトを取った。
この業者は開発者が望むとおりのランキングにすることが出来ると主張し、「好きな順位を選べますよ」と自慢げに語った。

レポートはさらに「Renren(レンレン)」というAppStoreのランキングを悪用し、結果としてゲームをストアから削除されたデベロッパーについて次のように報告している。
このデベロッパーは毎月3,000,000人民元(US$486,000、日本円にして約46,000,000円)以上ものお金をアップルのAppStoreでの高いランキングを持続するために費やしたと。



記事考察

まず始めに、上記の翻訳は素人がした物なのでニュアンスの違いや翻訳間違いなど含まれている可能性があることをお断りします。
ですので、必ず原文の記事もご参照頂けますようにお願いいたします。
何か過ちや修正点などに気がついた方は@Kumanbowまでご連絡頂けますと嬉しいです。

原文の記事の日付は2013年5月6日(月)になっています。ですので記事中で触れられている「金曜日」と言うのは5月3日(金)と言うことです。
botによるランキングの不正操作というと昨年2012年2月にも話題になったことを覚えておられる方も多いと思います。
アップル、App Storeランキングの操作に厳重な警告 – CNET Japan
Appleは、「App Store」のランキングで順位を吊り上げようとする開発者に厳重な警告を行った。 …



App Storeで不正なランキング操作を行ったアプリが排除されるようです – アップス!-iPhoneの無料アプリ情報やニュースを配信中
先日Appleが、不正にアプリの順位を釣り上げようとする開発者や、そういった行為を請け負う業者を利用している開発者に対して警告を行ったそうです。 …



Touch Arcade:5000ドルでApp Storeランキング25位に入る事を保証するAdネットワークの存在が明らかに | iPhone | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)
Touch Arcadeのフォーラムに、5000ドルでApp Storeランキング25位に入る事を保証するAdネットワークが存在することが報告されています。 …


この騒動の際にはアップルから正式に「ランキングに介入するサービスを利用した場合は開発者登録の取り消しなどの処置を行う」という声明を発表しています。

しかし、その後もこの様なランキングを不正に操作するサービスを提供している業者は存在し続けていると言うことなのでしょう。
アップルもこの様なbotによる不正操作の影響を受けづらくなるように、ランキング算出のアルゴリズムを随時変更しているようですが残念ながら根本的な解決には至っていないと言わざるをえません。

これらのアプリはわずか2〜3日しかトップランキングを保てない、さほど有名ではない他のアプリに抜かされるからだ。数多くのbot業者同士のランキング操作競争の結果この様なことになっている。


というのはアプリを不正にランキング上位に持って行っても、すぐに同様のことをしている他のアプリに取って代わられるということなのでしょう。
また、本来それほど出来のよくないアプリを無理矢理上位ランキングに持ってきても、ランキングを保てないと言うことなのかもしれません。

記事中で触れられている「Renren(レンレン)」というデベロッパーは漢字では「人人」と書き中国最大のSNSである「人人網(レンレンワン)」と同じロゴマークを使用していることから、同じ会社だと思われます。
中国では大手でもこの様な不正なサービスにお金を落としていると言うことなのでしょうか…

多くのデベロッパーがこの様なサービスを使うことによって、サービスを使わないとまったくランキングにのらなくなり、結果としてほとんどのデベロッパーがこの様なサービスを使わざるをえなくなっては本末転倒でしょう。

先日この様なニュースがありました。
恐るべし中国のブラックマーケット…。アップル・ストアの…そんなものまで?(動画あり) : ギズモード・ジャパン
中国ではダフ屋が、アップル・ストアのジーニアスバーの予約枠を全部とっちゃった後、オンラインでその予約を売っているんだそうです…。 …



本来必要の無い費用のはずなのですが、インフラを牛耳ることによって上前をはねるという何とも納得のいかない話です。
勝手に道を封鎖して通行料を要求する山賊のようです。

中国国内だけの話ならまだいいのかもしれませんが、ネットは全世界に繋がっています。
先日のパクリアプリ騒動の際にも日本のAppStoreにありながら不正にランキングを操作したと思われるアプリがありました。
やはり、もう対岸の火事ではないのかもしれません。


国内ストアでの不正

件のアプリのランキングの動きを詳しく見てみましょう。
BQ 59k8CUAANGh3 jpg large
Ss2013 08 08 17 53 28
御覧のように400位圏外から短時間で無料ランキング1位を奪取しています。

そして1時間ごとのランキング変動を見てみると、ある特徴が現れます。
SS2013 08 11 17 47 16
御覧頂いておわかりのように、午後5時から6時の間にランキングが急上昇し、2時間後には1位に躍り出ています。
これは日本時間なので、中国との時差を考慮すると中国時間で午後4時から突如としてランキングが上がったということになります。

これらのアプリは普段はランキングの300位や400位にいるという、しかし午後4時になったとたんにランキングを駆け上がり、1時間以内にはトップランキングに食い込んでいるという。


ご紹介した記事と気味が悪いほど一致しています…

ちなみにこのアプリは中国やアメリカでは400位以上のランキングに入ったことは現時点では一度も無いようです。
中国ではリリースさえされていないようでした。
やはり、日本のAppStoreのランキングを中国のbot業者を使って操作したと思われます…


Whatcha gonna do next?

アップルが「ランキングに介入するサービスを利用した場合は開発者登録の取り消しなどの処置を行う」と正式に発表し、実際にいくつかのデベロッパーの登録を抹消をしても、現状はまた不正業者が暗躍しているようです。
より抜本的な次の対策が必要な時期に来ているのかもしれません。


MGPR2
Download on the App Store Badge JP 135x40 1004Ja generic rgb wo 60






スポンサード リンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comments are closed.