ドバイ・アブダビ旅行記(1):アラブの観光事情





せっかくドバイとアブダビに行ってきたので、WSA奮闘記とはまた違った観光情報など普通の旅行記録を新シリーズとして記録していきたいと思います。
第一回目の今回はドバイ・アブダビ全体を通しての感想など雑記をお送りしたいと思います。

[do_widget "スマホとPCを分けて表示"]
まず、今回の旅行で思ったのはとても観光しやすい国だということです。
8日間の旅行を通して危険を感じることはほとんどなく、交通も整備され、出会う人たちも皆あたたかい人柄で本当に楽しく観光できました。
特に移動は主にタクシーを使ったのですが、タクシー代が日本の1/3ほどの感覚です。
タクシー代が安いのはガソリン代が安いのと、車社会でタクシーが大量に走っているからだとおもいます。
タクシーのドライバーは皆話し好きでよく話しかけられました。(^^)/
どのタクシーにもちゃんとメーターがついていて過剰請求されることはありませんでした。
ちなみにタクシードライバーから聞いた話ですと、ガソリンは1リッター5セントとの事ですから日本円で5円しないとのこと!
15〜20分くらいの乗車で15〜20AED(ディルハム)で、日本円で380円〜500円ほどです。
1台に4人まで乗れますから、友達数人で乗って割り勘にすると大変安く移動できます。

アラブ首長国連邦の通貨はディルハムで、表記はAED。通貨記号はد.إで、地元のスーパーなどではDHやDhsと表記されることもあります
レートは約1AED=25円です。
アラブ メニュー

アラブの文字で書かれると数字さえも読めません…


上記の写真はアラブの文字ですがちゃんと英語の物も用意されています。
さまざまな国から労働者の方が来ているせいか公用語は「英語」で、ホテルはもちろんタクシーのドライバー、ローカルのスーパーの店員に至るまで英語で問題ありませんでした。

移動に関してはバスもあるのですが、バスに関しては観光客が使うにはちょっとハードルが高かったです。
空港からバスセンターなど大きめの停留所の移動にはいいのですが、町中の小さな停留所には標識やベンチなどの設置物がなにもなく。
普通の道の途中や町中の駐車場の横などが停留所なので、そこが停留所だと知らないとどこでバスを待てばよいのか全くわかりません
そのような場所ですから日が落ちてからは、暗がりになる場所も多く女性にはお勧めできません。
ですので、私たちもドバイ・アブダビ間の移動や空港、バスセンター、フェラーリワールドなど大きめの停留所間しか利用しませんでした。
ビル解体

▲街の新陳代謝が早いせいか建築中のビルと同じぐらい解体中のビルも見かけた


個人的にはドバイよりアブダビの方がオススメです。
ドバイもアブダビも車社会で道が広く、タクシーが沢山走っていますが、ドバイは車社会が進みすぎたのか、歩道がない場所が多いです。
道が広く大量の車が走っていて、しかも歩道がないところで道の端を歩いて行くのはちょっと危ないです。
そして、歩道がないということは横断歩道もありません。
向こうに見えているビルに行きたいけど、歩いて行く手段がないということに何度か遭遇し、結局タクシーで行くこともありました。

また、ショッピングセンターやホテルでも歩行者用の入り口がないことがあります!
そのような場合は駐車場へ続く車用のスロープを進んで、駐車場から店内への入り口を探す事になります。

アブダビではドバイに比べて歩道は多く、不便を感じることは少なかったです。(ただし0という事ではないw)
いぜれにせよ、タクシー代が安いことになれると近場でもバンバンタクシーに乗るようになっていくのですが…

物価に関しては、食べ物は日本とそんなに変わらないか少し安い印象、衣服などはかなり安い印象でした。
観光客用のお土産物に関しては高い印象です。
また、地元の人が行くショッピングセンターの方が観光客が集まる巨大モールよりなんでも安かったです。
ドバイ スーパーマーケット

女性用の衣服
15AED(460円)


あと、印象に残ったのはどの建物も乗り物もとにかく寒い!
お国柄なのか冷房が「これでもか!」っていうぐらい効いています
外との温度差が激しく対応が大変です。
私たちもカーディガンや登山用ウインドブレーカーなど小さくたためる上着を持ち歩いて寒いときは着ていました。


季節的には2月は冬にあたり、気温的には17度〜26度ほどで半袖ですごしていました。
夜には少し肌寒く上着が必要なこともありましたが、昼はプールで泳ぐこともできるほど熱いこともありました。

8月など夏になると32度〜45度ほどになり、日中は外を歩けないほどの日差しになることもあるそうです。
そのため地元の方は夕方の日が落ちてからしか外出しないようで、お店なども昼間の暑い時間帯は閉まってしまいます。
ですのでショッピングモールなども夕方から混み始めます。

2月はそれほど暑くもなく、それほど寒いわけでもない、またショッピングフェスティバルと呼ばれるバーゲンシーズンも重なっており、アラブを訪れるにはいい季節かもしれません。


写真ギャラリー

建物の形が面白い物が多かったです。

傾いたビル

▲エレベーターはどうなっているのだろう?


薄いビル

▲風吹いたら倒れそう…


松ぼっくりみたいなビル

▲松ぼっくりみたい


ねじれたビル

▲ねじれたビル


スターウォーズに出てきそうなビル

▲スターウォーズに出てきそうなビル


金色のビル

IMG_0527 ▲日差しが強いせいか金色のガラスのビルをよく見かけました


世界一高いビル

▲世界一高いビル:バージュカリファ
トム・クルーズが映画の中でぶら下がったビルですね


バージュカリファ

バージュカリファ展望台より先端部を見上げる


ドバイ

▲ドバイのビルはデザインを競っているかのよう


ジュメイラ

▲噴水と高層ビル
まことにアラブらしい風景


▲ドバイの水上バス「アブラ」からの眺め

▲ドバイの水上バス「アブラ」からの眺め


ジュメイラ・アット・エティハド・タワーズ

▲WSAの会場となった「ジュメイラ・アット・エティハド・タワーズ」を真下から望む



近代的なビルだけでなく、モスクなどの文化的建造物、また砂漠や海など自然もアラブの魅力です。
モスクに沈む夕日

▲モスクに沈む夕日


グランドモスク

▲夜のモスクは息を呑むほど美しい


モスク 壁紙

▲どこを撮っても壁紙にしたくなるような写真になります


砂漠 ラクダ

▲砂漠でラクダに乗りました


ラクダ牧場

▲ラクダ牧場


フェラーリワールド

CIMG8335
▲フェラーリワールドも巨大でおしゃれな建物



ところでみなさんはドバイ・アブダビに旅行に行くにはいくらぐらい必要だと思っていますか?
20〜30万円ほどのイメージではないでしょうか?
私も今回行くことになるまではそれぐらい必要だと思っていました。
今回一緒に行った友達たちはパックツアーで飛行機+ホテルのツアーを申し込んだのですが、なんと1人11万円ほどだったのです。
ホテルも特に汚いなどのことはなく、十分きれいで何の問題もないホテルでした。
私たちはWSAの期間に合わせて行かなければいけなかったので、日程の選択の幅があまりありませんでしたが、探せば10万を切るぐらいの値段でもあるようでした。
この値段で行けるのならものすごくオススメの観光地なのは間違いありません。
十分きれいなホテルでした

十分きれいなホテルでした


といった感じで色々アトランダムにまとめてみましたがいかがだったでしょうか?
私は今回の旅行でアラブがとても気に入ってまた行ってみたい街になりました。

このシリーズ、次回からは各観光スポットやオプショナルツアーについてひとつずつ詳しくご紹介したいと思いますので、お楽しみに〜(^^)/

おまけ:アラブで見かけた日本企業

無印良品

▲無印良品


紀伊國屋

▲紀伊國屋


ダイソー

IMG_0544IMG_0550 ▲ダイソーたち



シリーズ記事

  1. ドバイ・アブダビ旅行記(1):アラブの観光事情 (2013年2月27日)
  2. ドバイ・アブダビ旅行記(2):新婚旅行にもオススメ!UAEに行ったらシェイク・ザイード・グランド・モスクは見ないと損!! (2013年4月23日)
  3. ドバイ・アブダビ旅行記(3):世界一高いビル「ブルジュ・ハリーファ」 (2013年5月13日)
  4. ドバイ・アブダビ旅行記(4):7つ星ホテルってなんだ?!金塊の自販機まである「宮殿」の名を持つホテル「エミレーツ・パレス」 (2013年11月27日)


MGPR2
Download on the App Store Badge JP 135x40 1004Ja generic rgb wo 60






スポンサード リンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...